読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

営業マンを逃げても恥とは思わない

今の環境から抜け出して心に余裕を持とう!アラサーサラリーマンが発信する営業マンのための“逃げ恥”転職ブログ

営業マンからどのタイミングで転職すべきか?

こんにちは。アラサーサラリーマン、トレスです。

■どのタイミングで今の会社から転職すべきか?
いつがベストか?

「あ~もうこんな会社の営業マンなんて辞めてやる!!」って思ったり、口に出したりすることってたまにありますよね?

まさか毎日ですか(笑)?

「いつ辞めようかな~」なんてぼんやり考えても結局また今の仕事を続けてしまってませんか?

ほとんどの人はそんな状況で今の会社から動きません。正確には動けません。

僕も以前はそんな状況が続いていました。

「でも今辞めても行くとこもないし、収入が下がるかもしれないし、今より環境が悪いかもしれないし、また今度でいいか。」

なんて先送りにしてしまいがちでした。


そこで今日の内容になりますが、どのタイミングで転職すべきか?なんですが、

まぁ正解はないんです。
これはもう人それぞれなんですよね。
その人の環境、状況、状態で変わります。

今すぐの人もいれば、1ヶ月後、半年後、1年後の人もいます。

もちろん他社から話が来てれば早いですよ。
ウチに来ないか?なんて言われたらすぐ動けます。条件を吟味して転職するか、今の会社に留まるかを決めるだけですから。

この場合、引き抜き、ヘッドハンティングの話が来ていない前提での話です。

僕は嫌だからすぐ転職するというのはお勧めしません。逃げるのを勧めていますが、逃げるといってもタイミングはあります。

営業マンやっててヘッドハンティングの話が来ていないのならば、他社や他人から見てもそこまでの人材じゃないのかもしれません。

それはそれで構わないんですが、例えば、今すぐ転職して、またすぐ次の会社を辞めてしまったりしたら、自分の中でも自己イメージが下がってしまうじゃないですか。

だから、今すぐ転職というよりもある区切りまでは頑張ってみる。
もしかしたら営業でノルマを達成したら、営業が好きになるかもしれません。だから何が起こるかわかりません。

とにかく1度は踏ん張ってみる。



「もう我慢するだけしたんだよ!」

というのならすぐにでも逃げてください。それは止めません。心が壊れるまでは頑張らないでください。ストレスは溜めすぎてはいけません。


だから出来る人はギリギリまでは自分の力を試してみる。自分が納得行くまでやってみる。
「ここまでやったんだからもういいな」と自分がスッキリして次に進めるんです。


そして踏ん張ってみてほしい理由がもう一つあります。

それは結局、転職する時って、独立ともそうかもしれませんが、来るときが来れば自ずと動き出します。もう勝手に動き出します。

僕の場合もそうでした。

踏ん張ってて、声がかかって、条件が良かったのですぐ転職しました。

だからある区切り、これは自分でここまでは頑張るという時までは、今の会社で備える。

いつ引き抜きの話やどんなことがあるかわからないので、いつでも動けるように準備をしておく。

これが非常に重要です。



“転職”の二文字を別の頭で考えておくだけでもいいんです。
とにかく意識をしておいて、次の会社に100%の状態で仕事に入るために、今の会社で最大限成果を出せるように再度頑張ってみる。
いずれ逃げるために。今少し頑張る。


そうすれば、近い将来、転職してもうまく行く確率が高くなります。
僕も場合もそうでした。



そして自分に向いている仕事、得意な仕事も意識しておくといいです。

おそらくは
「自分は本当に現在の会社の営業マンのままでいいのだろうか?」と考えたりしていると思うので、
今一度、自分には何が向いているのだろうか?

そんなことをぼんやりでもいいので日頃から頭の片隅に入れておきましょう。

なぜなら現在の会社はあなたには向いていないからあなたの力を発揮できないだけかもしれないんです。

だから環境を変えていきましょう。

僕は営業マンが一人でも多く、今よりハッピーになれるように、“逃げ恥”しましょう。と言い続けていきます。

僕の場合、営業マン→配達員と職種を変えて、自分に向いている仕事を選びました。そして年収もアップしました。



■まとめ
転職のタイミング。
それがいつになっても動けるよう自分見つめ直し、常に準備をしておく。それが大切です。

今日は以上です。
また明日!

無印○品の定規を自作した

アラサーサラリーマントレスです。

今日はふと思いついたことから、勢いで書いたブログです。



この前、無印〇品のアイデア商品で、ステンレス定規にある工夫をしたことによりイライラを解消した!
とテレビでたまたま見たんです。


その工夫とは定規の端っこが少し曲げられているので、

片側を指でちょんと触ると、
もう一方が浮き上がり、

定規を簡単に机から取れて、
取りやすいというものでした。



確かにいいアイデアや!

定規って机にあるといつも取りにくくて確かにイライラしますね。経験ありますよね?



でも350円ですって。。



微妙(・_・;)






その部分以外は見た目100均じゃん!?



自分でも作れるんじゃね??!



100均で買ってきて自分でペンチで曲げてみた!!



f:id:eigyo-nigehaji:20170306020047j:plain



f:id:eigyo-nigehaji:20170306020052j:plain



f:id:eigyo-nigehaji:20170306020057j:plain





割りと簡単に出来たやないか~い!!




布当てたらもっとキレイに出来たね。勢いでやっちゃったかんね(≧▽≦)

皆さんもぜひ。
営業マンで採寸する人におすすめですよ。


今日もありかとうございました。
また明日!

異業種に転職しても営業マンだったことを活かせるメリット

こんにちは。アラサーサラリーマン、トレスです。
暖かくなってきましたね。
それでは今日のお話。


■営業マンから異業種に転職してもメリットはあるのか?


結論から言うと営業マンから転職してもメリットはあります。



営業マンから異業種に転職してしまったら、今までのことが無駄になってしまうんじゃないかと、メリットよりもデメリットを感じて、なかなか動けないという方も多いのではないでしょうか?

実際に動いて転職した僕がわかったこととして、メリットはあります。場面によってはメリットありありです。

営業マンやってて良かったぁ~!
と心底思います。

営業力というか、駆け引きや交渉は社外に限らず、社内でもありますね?

どんな人でもどんな形かで“営業”はついてまわるんです。
だったら営業マンを経験してたことは武器です。営業マン辞めたらなおさら武器になります。


配達員でお客さんのところ行って、たまに交渉しなきゃいけない時もあるじゃないですか。営業に聞いてくださいって言うのは簡単なんですが、毎回それだと営業さんも大変なんで。

そうなると配達員の仮面を被った営業マンの登場ですよ。交渉ごとはお手のものですよね。

営業マンやってきてある程度、駆け引きも心理戦も経験済みです。

だからただの配達員じゃなく、配達員兼営業マンみたいなもんなんですけどね。

僕は今、配達員ですけど、配達員に限らず営業マンを経験した人は転職しても有利です。例えば飲食店が転職先だったとしてもお客さんに使えます。BtoCにはなりますが。

あと社内での交渉にも使えます。
自分の思うような展開に持っていきたいという時には営業術というか駆け引きなんかは使えます。



仮に異業種に転職して嫌になっても、また営業マンにも戻れるじゃないですか。まぁ前の会社は無理だと思うので違う会社にはなりますが。

だから転職して環境を変えることで、営業マン時代の技が使えることはメリットですよ。




■まとめ
営業マンを辞めようか悩んでいる人は、辞めても問題ないです!
なぜなら営業マンでの経験は違う環境でも使えますから。
営業マンから逃げて転職してしまいましょう。

それではまた明日!

営業マンの残業について / 最終手段で転職しよう

こんにちは。アラサーサラリーマン、トレスです。
今日は営業マンの残業について語ります。

■これからの時代、営業マンだろうと労働時間短くていいんじゃないの?残業なんてやめよう!


まぁ、営業マンはどこも拘束時間長いんじゃないですか。
残業も多いことでしょう。残業代はもちろん出ません。営業手当てで一括りです。まぁそれはいいんですが。

ですが、日中は外に出てしまえば何してるかわかんないですし、好き勝手してもバレなきゃいいんです。それは営業マンの特権ですね。

その代わり結果は残さないとなりません。売上という結果は。でないとやっぱり説得力ないでしょ。

結局遊んでばかりいてもなかなか売上確保は難しいと思うので、バランスが大事です。


個人相手のB to Cだと土日も関係ないですし、お客様のいる時間にあわせなきゃいけないですもんね。
保険や車や住宅や色々あると思います。大変そうだなぁと思っちゃいます。

僕は個人相手の営業はしたことがないので、法人相手の営業マンについて話していきますね。

法人相手だとだいたいまず日曜は休みだと思います。土日祝日完全休みのところはいいですね。

そうなると平日はどうか。もちろん先に書いたように営業マンの特権は使えますが、会社によっては仕事量が多すぎる、上司より先に帰れない等、理由は様々あると思います。

僕は仕事量はそうでもなかったんですが、上司より先に帰れない空気がありました。

なので帰るのも遅い日は21時、22時とかザラでしたよ。早くて20時。もっと遅いところもあるでしょうけど体壊しますって。子供にも寝顔にしか会えません(笑)。そんな人も多いと思います。

もっと自分と家族を大事にした方がいいです。

最近のニュースで、自殺してしまった大手○通の女性社員の長時間労働が問題になっていましたが、そうなってしまってからでは手遅れです。


話が逸れましたが、会社が帰れない空気だから変えてやろうと動いたりしましたが、結局難しかったです。
これはもう会社会社それぞれの社風、体質なので、変えるというのはやめるべきですね。無駄な労力です。結局会社のトップの考え次第なんですよ。


それなら自分が辞めて、新しく会社を探しましょう。営業マンでも早く帰れる会社はあるはずです。



環境を変えましょう。逃げ恥しましょう。

これは一貫して言い続けていきます。

環境次第で全てが変わります。



僕は定時上がりの配達員に転職しました。
まあ配達員でも営業マンより遅いところもあるかと思いますが、今の会社は定時上がりです。


欲を言えば、これからの時代はもっともっと労働時間は減らして行くべきなんじゃないかと思います。


だから今の会社がダメなら、環境を変えて、自分に降りかかる仕事もなるべく選んで、なるべく引き受けすぎないようにするなど、労働時間を減らすように意識を変えて行くのがいいんじゃないでしょうか。


これからはもう経済成長が一区切りして、より内に、より小さくという方向へ向かって行くと考えてるんで、営業マンの労働時間もより少なく、もちろん営業マンじゃない人も、

残業なんてしない。

ましてやサービス残業なんてやらない。

そんな覚悟を持って働いて行くべきなんじゃないのかな。とか考えてたりします^^;

■まとめ
営業マンの長時間労働
今の会社が変わらないと見切りをつけたなら、環境を変えましょう。転職しましょう。

そしてどんな環境でも労働時間を少なくする。これからはそんな意識を持っていきましょう。

僕もずっとそう思って働いてます。

今日は以上です。
また明日!

埼玉県越谷市のイチゴ狩り 予約なしの穴場見つけた! 

2017年2月最後の週末。
埼玉県越谷市 いちご工房 木村屋さん
予約なしで困ってる方へ
予約なしでイチゴ狩り出来ましたよ!
11時すぎでもOKでした。


こんにちは。アラサーサラリーマン、トレスです。
子供が大のイチゴ好きということで、都内からも割とアクセスの良い埼玉県越谷市に狙いを定め、いざ出発!
行こうと決めたのが前日なので、予約なしだと割と早めに行かないとどこの場所も整理券もらえないというネット情報があったので、早めに到着するはずが、割と遅くなり10時30分に現地到着(゜◇゜)
レイクタウン周辺のところです。


案の定というべきか、2カ所行ったがダメ。
そこからネット調べて電話しまくり。5件くらいですが、どこも「本日は終了です」の寂しいお言葉。
どこも混みすぎ。。
予約しないのがいけないんですが。。

このままじゃ子供に悲しい思いをさせてしまう。
結局スーパーのイチゴか、と。

このままじゃ終われない!最後にわらにもすがる思いでかけた、
「いちご工房 木村屋さん」

「まだ大丈夫ですよ~」と快いお返事!
ありがたや~(o´∀`)b

ちょっとレイクタウン周辺から走るんですが、
(車で15分くらいかな。)11時すぎに到着するもそれがジャストタイミング!ちょうどイチゴ狩りが11時開始で、駐車場も空いていた。ラッキー!

ちなみに閑静な住宅街の真ん中にあります。車ならナビで行けば問題ないですよ。あと誘導の兄ちゃんがテキパキしてて気さくでgood!

速攻チケット買って、イチゴ狩りや。子供も喜んでくれたよ~。

僕らの後にも何組かまだ来客が来てました。11時30分に来た人もいました。みんなさまよってここにたどり着いたのでしょうか?(笑)

とにかくここは穴場ですね。予約なし時間が遅くても大丈夫でした。ちなみに2017年2月末の情報です。以下詳細書いておきますね。


いちご工房 木村屋

住所:埼玉県越谷市恩間320
営業時間:10:00~無くなるまで
駐車場:15台プラス5台は係員が路駐させてました
合計20台くらい

問い合わせ:080-5416-9674
公式サイト:http://ichigo-kobo.com/

大人:1800円
子供:1000円(3歳以上)
2017年2月の情報ですのでお間違いなく。

品種:紅ほっぺ、とちおとめ等

f:id:eigyo-nigehaji:20170226113753j:plain
f:id:eigyo-nigehaji:20170226113817j:plain

営業マンから転職するなら“配達員”がおすすめの理由

アラサーサラリーマン、トレスです。
3月になりましたがまだまだ寒いです。でも張り切って行きましょう!春は近づいてる!


■なぜ営業マンから転職するなら配達員がいいのか?

営業マンと配達員って似てませんか?

1番の共通点は

「一日中一人で車の運転をしている時間が長い」

これです。
これがいいんです。
そのうえ、ノルマが無くなる。ナイスですよね。

とにかく毎日一人でいられる時間が長いこと。これが重要です。一人って気ままでいいじゃないですか。誰からも話し掛けられないし。
もちろん皆でやる作業もありますよ。協力、連携しながらやる作業も。でも一人の時間が長いのがいい


僕は会社にずっと座ってる事務とか無理!よく飽きないよなぁ。ずっとデスクワークだし、疲れそう。
売り込み電話も会社によくかかってくるし。
なんて思っちゃうんですよね。事務員さんごめんなさい(^_-)

だからとにかく一人で配送をやれる会社を見つけることですね。2人とかで常に回るところはダメです。ストレス溜まります。いつも他人と一緒は疲れる。
最初は教えてもらうわないといけないので同行しますが、2~3ヶ月で慣れて独り立ちしてたらコッチのもんですよ。

月の中で忙しい時や繁忙期はありますよ。だけど基本的には早く終わればある程度は自分の時間です。

考え事したり、休んだり、ネット見た…りはダメですかね。仕事の調べてものしてるからいいんです(笑)。仕事中は基本サボりはダメです。リフレッシュならいいんです。配達を予定より早く終わらせたんだから。

だから早く出発してお客さんのとこ行って最低限のことをやり、早く終わらせて時間を浮かせる努力をしましょう。だからミスはダメですよ。ピッキング間違いとか。出発前の確認作業は大事です。


ちなみに配達員って言っても会社は選んでくださいね。個人宅の配達員なんてダメです。
ヤ○○運輸や佐○○便とかはやめましょう。

今問題になってますからね。再配達の見直しや料金見直し。人手不足だし。
個人宅は辞めた方がいいです。自分も利用してますが、ドライバーの方はいつも大変そうです。ホントご苦労様です。


法人相手の配達員を選択しましょう。出来れば中小企業の法人ルート配送。配達時に基本受け取ってくれる人がいます。現金受け取りも少ないです。だいたい売り掛けですから。個人宅配のような受け取り時のまごつき感はないです。


あと営業マンの時と比べると格段に電話の回数が減るのはメリットですね。お客さんからも会社からも電話ほとんど来ません。楽ですよ。


それと営業マンなら配達は楽勝だと思うんですよね。営業の種類にもよるんですが、営業してたらだいたい、車で商品を運ぶ時ってあるはずなんですよね。
「悪いんだけど今日ここのお客さん、営業便でお願い」って言われたことありません?
その時ハイエースみたいなバンに乗ったかトラックだったかはわかりませんが、トラックでもマニュアル車だろうと運転免許持ってれば、すぐ慣れますよ。これから毎日運転するんですから。
だから営業マンから配達員は誰でも出来てしまうんです。


転職先の残業があるかないかは調べておきましょう。残業あると配達早く終わらせてもあまり意味がないので。

配達を早く終わらせて、早く帰宅する。帰社じゃないですよ。帰宅ですよ。
早く帰って子供との時間を作りましょう。

営業マン時代の子供が寝たあとで帰宅とか、もうウンザリでしょ。朝も起きる前に出社してしまいますしね。僕は何のために子供といるかわからなくなってしまいましたよ。
それでも土日は会えた(笑)んですが、やっぱり毎日ね。会いたいじゃないですか。今の暮らしだと残業がないので、一緒にご飯食べて寝るまで2~3時間はあります。

悩める営業マンには子供のためにも転職を勧めます。



■まとめ
営業マンを辞めて転職するなら、法人相手の配達員
がおすすめ。法人ルート配送です。
なおかつ残業なしの会社。もし見つからなくても残業なしとまでいかなくても出来るだけ残業は少なく。

そして1番の理由。それは一人の時間が確保できるから。
さらにノルマが無くなり、売上なんて考えなくてもいい。
あと電話の回数大幅減少。ストレス減。
あと営業マンなら配達は多少でもやったことあるはずです。

最高じゃないですか。

だから配達員は検討の余地ありじゃないですか?

それではまた明日!

老舗メーカーの50代新卒採用ってなんだ?

こんにちは。アラサーサラリーマン、トレスです。

■50代の“新卒”はありなのか?

昨日の(2017年2月28日)ヤフーの記事で
「老舗メーカー 50代を新卒採用する理由」というトピックがアップされていたので、それについて私見を述べたいと思います。
企業名は伏せさせてもらいます。

その記事の中では新しくイノベーションを起こすのに年齢は関係ないとの内容でした。

ぱっと見、良さそうな感じがしたんですが、よく考えてみると、

ん?50代で新卒?

初任給くらい?で年下の上司ってお互いやりずらくないか?
とも思ってしまいました。まぁ初任給ってことはないんでしょうけど。

本人の性格やキャラクターにもよるんでしょうが、
どっちかというと、50代なんだけどあまり気が強くないというか、素直な人がいいですかね。それでもそれなりに経験やプライドもあるでしょうし。

だから給料が低くてもOKで下から入ってもやっていける、なおかつ新しいアイデアも出せる人。そんな人材を求めているんでしょう。
その人も早く認めてもらって昇給や昇進したいでしょうし。
そうなればお互いwin-winですからね。

でも50代の転職を想像してみると、前の会社で何があった?って感じします。
50代ってちょっと違和感ありますね。

せめて30代後半~40代前半までならありかと。

例えば42歳の営業マンの場合を考えてみますね。大学を卒業後就職し、なんだかんだで最初の会社を10年勤め上げ嫌になり辞め、その後転職を繰り返し2~3社経験し、もう42なんで、この会社で最後と思ってやります!頑張ります!みたいな。勝手な想像なんですが。。
それなら転職のイメージがわきます。40代新卒って理解できます。


なのでせめて

「40代前半新卒採用」

なら今の時代ありだと思うんですが、
50代だと、なんかこの老舗メーカーの宣伝広告、そういうのも多分にあるのかと勘ぐってしまいます。


でもこのブログの主旨でもありますので、逃げ道が増えるのはいいことです。50代でもまだ逃げるというと選択が出来る。逃げてまたやり直す。それもありかと。色んな人生がありますから。
何歳になっても再起をかけられるというのは残しておきたいじゃないですか。一縷の望みは。希望は。

とは言え50代で応募してくるような人は、そこまで有能とは言えない気はします。

ただうまく会社にマッチングしたら、やる気のない30代よりも良いという考えもありだとは思います。

■結論
50代新卒採用は微妙。

結局その人次第。
ってなっちゃいますね(笑)。
40代でも50代でも結局いい人はいいんです。

そしてうまくマッチングするかしないか。そこですね。
いくら有能でも合わない会社は合わないですし。

その老舗メーカーが今後どう採用したのか。気になります。追記がヤフーにアップされたらまた書きます。

それではまた明日!