読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

営業マンを逃げても恥とは思わない

今の環境から抜け出して心に余裕を持とう!アラサーサラリーマンが発信する営業マンのための“逃げ恥”転職ブログ

ららぽーと富士見は駐車料が無料だよ

こんにちは。アラサーサラリーマン、トレスです。

とある日曜日。家族でららぽーと富士見へお出かけ。

ららぽーと富士見は駐車料、無料です!
※2017年3月時点の情報です


ららぽーとでも郊外は駐車無料のところありますよね。
ららぽーと富士見は何時間いても駐車料かかりません。
あと越谷レイクタウンも土日祝日は駐車料無料だったはずです。

だいたい都内とか首都圏だと何円買って何時間駐車無料とかじゃないですか。

結構ストレスですよね。
「何千円で何時間無料とか気にせず買い物させてーや!」って時ありませんか。

無料にして平日に営業マンに車で休まれても腹立たしいんでしょうが(笑)。

駐車料金かかるのは致し方ないですね。駐車料だけでも結構稼げそうですしね。

だから割と遠い場所だと無料のところ多いですよね。

ららぽーと富士見もそうなんです。


ららぽーと富士見おすすめポイントを3つご紹介します!
完全個人主観です。


①駐車場がそこまで混まない
駐車無料ですが、駐車場も広いので、混まないというよりは混んでも流れていくので待ちはしないですね。

②フードコートがgood!

f:id:eigyo-nigehaji:20170313181232j:plain

フードコートは店舗の好き嫌いあると思うんですけど、富士見は結構オールジャンル網羅してると思います。あとうまいラーメン屋が2軒あるのも良い。
ラーメン屋いつも並んでます。

③子供連れでも遊べるスペースがある
他のららぽーとよりも子供連れは多い印象ですね。3Fにキッズスペースがあって、ゲームセンターや小さなお山があったり。ウチの子供はそのお山を登ってジャンプしてを延々しております。0円でナイス!
ちなみに子供トイレ3Fにありますよ。


都内からも下道で車で1時間くらいでしょうか。わりと埼玉寄りの都内からですが。

少し田舎でなんかちょうどいい感じです。何が?って思いますよね。まあなんとなくいいかなと。。

まだ来たことない方はぜひ一度ららぽーと富士見に行ってみてはいかがでしょうか。

今日はここまで。
また明日!

営業マンなのに色々と雑務をしないといけない件

こんにちは。営業マンから逃げることを勧めているアラサーサラリーマン、トレスです。

今日は営業マンの雑務について。

■なんで営業マンがあれもこれもやらないといけないの?

営業マンやってると先輩のやってた雑務が降りかかってくることってありますよね?社長から急に振られる雑務もありますかね。


「営業マンなのにそんなこともやらなきゃいけないの?」という心の叫びが受け入れられるわけもなく(笑)

まあ断る手もあるんですが、僕も以前勤めていた会社が中小企業だったんで、やはり人手も限られてますから。だからそういうことも兼任せざるを得ないんです。

でも僕はずっと思ってましたが、そうすると営業が疎かになってくる場面もあるにはあるんですよね。
本業の方が割を食う状態。

これは上司も黙認するしかないですね。ここは折り合いをつけるしかありません。営業に影響が出ても仕方ないと。

上司もわかってて振ってるはずです。わからず振ってる上司もいるとは思いますが、、

それはさておき、あと社内会議の司会や展示会の設営なんてのもやらされました。初めもやった後も嫌でしたが、言われたからにはやらざるを得ません。

営業マンだから会議資料作りもありますし、展示会本番の営業もあるんですけどね。プラスアルファですからね。

でもやればやるほど上達します。これらは完全に場慣れですね。場数を踏んだ方がうまくなります。例えば司会のアドリブとかはノリでやる感じです。うまく出来たかは知りませんが(^_-)

そういう営業と関係なさそうな仕事をやることにより営業にいい影響があったと思いたいところです。
影響がないこともないとは思います。多少ですが、段取り力は身についたと思います。

そう考えると大企業よりも中小企業の方が学べることが多いというのはプラスです。
大企業なら完全な分業制じゃないですか。大企業で働いたことはないんですが(汗)

まあ忙しい人のところに仕事はさらに来るってことで。仕事は忙しい人に頼め!→ホントに忙しすぎるんですが(;_;)

だから仕事がわんさか来ても力を入れるべきところとそうでないところを見極めるのも必要ですね。

多少新しいスキルが身につく。そんな考えでいいんじゃないでしょうか。


■まとめ
営業と関係ない仕事でもとにかく断らず、とりあえず試しにやってみよう!何かしら発見があるかも。かも。

今日はここまで。
また明日!

営業マンを逃げてもいいの?

どうも。アラサーサラリーマン、トレスです。

本当に営業マンを逃げてもいいのか?

■営業マンを逃げても構わない

まず営業マンを逃げても構わないという意識を持つことが大事です。
逃げてもいいんだと。


だってメリットありありですよ。

ノルマからの解放
長時間労働からの解放
給料アップ
お客からの電話激減
残業なし

思いついたままにあげましたが、どうですか?

営業マンとして働いていた頃よりもいい条件だと思いませんか。

営業マンなら上のことを丸かぶりですよ。
営業マンで働き続けてもメリットだってあるかわからないですよ。

もう疲れるだけの営業はやめましょう。

今の時代、売り上げを確保し続けるのって大変じゃないですか。ましてや売上をあげつつ、労働時間短縮は可能なんでしょうか。

仮に売上キープできたとして給料アップは確実なんでしょうか。

もちろん会社にもよりますが、やたら儲かってる会社ならともかく、一般的に普通の中小企業は難しいかと。

それよりも実際会社勤めで感じたことは、
「結局さじ加減じゃん」
ということ。

外資系ではないので、こちらとしても結果・成果だけで勝負は出来ないわけですが、いかにも日本ぽいというか、持ちつ持たれつの関係で、給料アップも社長、上司のさじ加減で決まります。

また不祥事等による解雇もさじ加減で決まります。
不祥事を起こした社員がリストラされる場面も見てきたんですが、不祥事の度合いもまた難しいところですが、やはり上の独断で決まります。

たまたま売上を爆発的にあげても、いくら上がるのかは、やはりさじ加減で給料アップは決まります。

何社かリアルで見てきたり、体験してきたので、他の会社はどうか知りませんが、給料アップに関しては、昔からの年功序列の流れもまだまだ活きていていますし、会社のさじ加減で給料アップ等も決まります。

難しい問題ではありますが、今書いてきたように状況が好転する見込みがなく、希望の給料アップが望めない会社なら転職したほうがいいと思ってます。

会社からしても売上が右肩上がりではない状況で給料アップは出来ないんでしょうけどね。
お互い辛い状況ならこちらは転職を考えておきましょう。

■最後に
さじ加減で全てが決まる状況は好ましくない。
だから営業マンから逃げても構わないんです。
とにかく今の状況に満足できないのなら、転職してしまいましょう。

それでは今日はここまで。
また明日!

転職後に勝負は決まる!

こんにちは。アラサーサラリーマン、トレスです。
3月11日。6年ですか。時の流れは早いものですね。


今日は転職後の立ち振る舞いについてです。
転職後はスタートダッシュが鍵です。


■入社後3ヶ月は誰より先に出社するべし


転職は転職したあとからが本当の転職である。
と言われますが、その通りでして、僕も転職が決まった時は「よっしゃー」と喜びましたが、そんなのも束の間。
新しい会社に入ったら気持ちを切り替えなければなりません。

当たり前のことなんですが、スタートダッシュをかけるのが大事です。最初が肝心です。


だから入社後3ヶ月は一番早く出社しましょう。

僕もその自分ルールを決めて守りました。
最初の印象は大事です。
大げさじゃなくていいんです。毎日30分とかは早く来るのは辛いので、他の社員より10分くらい早く来るだけで大丈夫です。


とにかく「アイツやる気あるなぁ」
と思わせてアピールします。


早く来るだけなので簡単ですよね。
これだけですが、評価は上がります。

4ヶ月目からは他の皆と同じ時間に来ても問題ありません。

まあ逆の立場として転職してやる気ないヤツもどうかと思うじゃないですか。
だからと言ってやる気はあるけど、早く来る来ないは決めてないという人もいるとは思いますが、早く来たほうがいいです。絶対に。
まず先手を打つんです。

元々毎日30分以上早く来てる人がいた場合は諦めます。仕方ないので2番手で多くの人が来る時間の10分前に来ます。
それでも早く来るアピールにはなります。

僕もそれだけですが、評価されました。
いつも早く来てる人という印象になりました。


あと極力ミスをしない。

最初は覚えることが多いので、仕方ない部分もありますが、ミスは自らの首を絞めることになるので、積極性を示しつつも、リスクは避ける。

わからなければ聞く。最初は優しく教えてくれるはずです。

仮にミスしてもリカバリーできるなら、社内には公表しない。隠しちゃダメですが、リカバリーできるならしれっとやり過ごします。
「ミスしちゃいましたよ~」という回数が多くなるとその後がやりにくくなります。

自分が有利な状況を作るんです。

あとは言わずもがなですが、
入社後は常に見られています。見られていないようで見られているので、気疲れしますが、率先して
やれることはやります。

フットワークは軽く。
簡単なことで言うと朝のゴミ出し。企業ゴミは結構な量出ます。こんなことでいいので率先してやる。

少し気づかいをしてあげる。

転職後は大変ですが、3ヶ月耐えれば作業にも慣れて来るので頑張っていきましょう。

難しいことはないです。

今日は以上です。
それではまた明日!

バルセロナがパリ・サンジェルマンに奇跡の大逆転!

アラサーサラリーマン、トレスです。


f:id:eigyo-nigehaji:20170310063524j:plain


バルサ!6-1の衝撃!

すごすぎる!奇跡や!!

もう今日はこの話題しかないでしょ。

海外サッカー
チャンピオンズリーグ
ベスト8をかけた一戦

バルセロナ×パリSG

1stレグ 敵地で0-4の大敗で迎えた

2ndレグ ホーム、カンプノウ 
なんと!6-1

大大大逆転でベスト8進出!!!


ありえない。
スーペルデポル以上の衝撃。
実際それ以上のことを成し遂げたんだけど。


展開もマンガみたいにドラマチックで衝撃。
スタジアムにいたら凄かっただろうな。


いや~これがあるからサッカーはやめられない。
昔みたいに早朝に生で見る生活になりたいよ!

今のままじゃ無理だ(・_・;)


おっと話が逸れた、、。




ここでサッカーの格言を一つ。

「ボールは汗をかかない」

確かクライフの言葉かな。

まさにバルサのサッカー。

人を走らせるより、ボールを回せって意味なんだけど、敵を走らせて疲れさせるってこと。そしてゴールを奪う。

理想のサッカースタイルだね。

もっと深読みすると、頭を使え!ということ。
頭を使って冷静に状況を把握しないとボールは回せないからね。


これは
営業マンも配達員にも当てはまるよ。

走り回って汗をかく自分に酔ってないで、頭を使って、冷静に状況を把握するのが大切。そして仕事を完璧に遂行する。


今日はもう興奮冷めやらぬ日だったのでこんな投稿にしてみました。



また明日!

ヤマ○運輸の物流問題から転職先を考える 

こんにちは、アラサーサラリーマン、トレスです。

ヤマ○運輸の配達問題が表面化しています。物流崩壊なんて恐ろしいことが言われていますが、もしかしてらこの問題がひとつの転換期になるかもしれません。


■実に27年ぶりの値上げ

1990年以来の値上げとのこと。それが逆にすごいですよね。

まあ僕も今は配達員やってまして、なおかつ法人でもヤマ○なり佐○なりお願いして使っていますから、この問題は結構身近で切実です。


ヤマ○は法人相手にはつい何年か前に値上げしてるんですよ。でも個人宅は27年ぶりとのこと。

近年は個人宅も法人相手も大手物流会社は大変だったと思います。
ネットのせいですけど。
物量が急増、再配達の問題、ドライバー不足。


それで最近女性ドライバーが増えたりもしてましたが、それでも足りない状況。

求人も毎回出てますからね。そして続かない人の方が多いのでしょう。長労働時間の問題もありますし。


まぁなるべくしてなったような気はします。


今後の見直し案としてあげられているのが、

配達料金の値上げ、
再配達の時間の見直し、
アマ○ン等との交渉、
ドライバーの長時間労働の見直し。

これらが改善され、これからは適正価格になるようですが、物量が多いことには変わらないと思うので、ドライバー不足が解消しないことには解決しないと思うんですよね。

それで新たに雇ったドライバーも長時間労働で嫌になり続かないとなれば、結局ドライバーの人数も増えず、今のドライバーに負担がのしかかりまた逆戻り。

とにかく大変そうであります。


他人事のように言っていますが、やはり他人事なんですが、昔バイトで働いたことはありますので、親近感は持ってます。当時感じたことは、やはりさばく数量が桁違いですよね。
(ドライバーでなく仕分け作業員として働いてました)

だから今後は再配達で料金が別途かかるとか、そういう次元まで話が進む可能性があります。未来の話ですが。

そうなるとまたさらに拍車をかけドライバー不足、人手不足になっていくでしょう。
勝手に予測してますが、、。



完全な私見ですけど、転職するにも大手物流会社の個人宅への配達員は辞めた方がいいです。
大変です。

毎日都内を走っていると嫌でも大手トラック便を目にしますが、元々毎日大変なうえに、今さらに大変な時期なんだろうな~と思い、ドライバーや現場にはちょっと同情します。


じゃあどこを狙うべきか?


法人相手の配達をしている中小企業です。

これはおすすめです。

あまり忙しい会社はダメですが、適度に忙しいならばっちりOK。基本として暇なところはないと思うので。

大手物流で個人宅配は忙しすぎるんです。
そうなると心に余裕が無くなってしまい、文字通り心を亡くします。


■結論
物流業界が転換期にあります。

物流業界への転職は慎重に。

転職するなら法人相手の中小企業がおすすめです。

なぜなら、僕が今働いているからです。
身をもって体験してますので。

それでは今日はここまで。
また明日!

営業マンを辞め、異業種に転職したが収入がアップした話

こんにちは。アラサーサラリーマン、トレスです。今日は収入の話です。


■営業マンを辞めて、異業種に行っても年収はアップできるのか?

営業マンから異業種に行くと、一般的には収入が下がると考えられています。

ですが、僕はアップしました。一応年収ベースで3ケタ上がりました。

これは個々の置かれてる状況で全く変わってくるとは思うのですが、平均年収くらい、もしくは平均年収以下の方にお話したいと思います。
僕自身がそうだったので。

年収1000万円稼いでる方にはお話できません(笑)。


営業マンで自分の今の年齢で、到底満足できない底辺レベルの給料だとして、底辺も色々ありますが、共働きの前提で、家族があって、子供一人くらいなら養える。で都内もしくは首都圏に住んでいる。
奥さんはそこまで稼いではいない。フルタイムパートのイメージ。

あと法人営業マンの想定でお願いします。

だと仮定して、現在の会社で営業マンやってても、上司や先輩見ても、なかなか給料が上がりそうにもない。
もちろん桁外れの売上をあげたりしたら、上がるかもしれませんが、その上がる額も社長のさじ加減です。
今の時代なかなかね、そこまで爆発的な売上というのは難しいと思います。新規なんてなかなか取れないですから。

そんな状況でもう今の会社に期待できないなら転職を考えると思います。

しかし、

年収を下げてまで、動くべきなのか?

そこは頭をもたげます。

悩みどころですよね。

よほど嫌な会社ならともかく、まあ嫌なんだけど年収下げてまでは…。家庭もあるし。と考えますよね。

わかります。僕もそうだったので。

でも環境を変えなければ、一生そのままです。見込みのない会社にずっといる必要はないんです。

だから年収少しくらい下がっても転職を勧めます。
僕も昔、年収下がってまで、辞めて逃げたことがありました。

そして転職して最初はうまく溶け込めず、「失敗したなぁ」と落ち込んだりもしました。
けれど今思えば、それも自分の仕事人生の中で必要なことだったと思えます。

今、3回目の転職なんですが、これは成功したと思ってます。それは今までの失敗の過程があったからだと強く思えます。


ようやく本題ですが、
営業マンから異業種で年収をアップさせるには、

引き抜かれるような人材になる

もうこれにつきます。

なぜか?
年収をアップさせるには、こちらが有利な状況が必要なんです。営業でも同じですよね。

「買いたい!」と言わせたら勝ちなんです。

逆に「売りたい」と思ったら買い叩かれます。

交渉の主導権を握る。

営業マンと一緒です。

なのである程度、自分は売れてる営業マンだと自信を持っていた方がいいです。セルフイメージを上げておいた方が交渉も強く出られます。

僕の話ですが、「これぐらいは欲しいです」と希望したら、希望通りになりました。

もちろん無茶苦茶な要求はダメです。ここまでなら大丈夫かなというのを駆け引きの中で読んで交渉しました。

営業マンのスキルがあれば大丈夫です。なにせ向こうが欲しい、ウチに入社して欲しいと言っているんですから。こちらに主導権はあります。


もし引き抜きの話が来ていないとしても、転職サイトや転職エージェントでも年収上がる場合もあると思います。

これは落差を利用するんですが、ベンチャー企業の営業マンなら年収が低いが、中小企業の配達員の方が年収が高い、という場合があると思います。ボーナスがあるなしも関わってきますよね。

まぁこれは当たり前だとは思いますが、会社会社で体制も違いますから。

その辺を突ければ、引き抜きじゃなくても年収アップは可能です。どこまでアップするかは交渉次第ですが。

■まとめ

営業マンの異業種への転職で年収をアップさせるには?

引き抜かれるような人材になる。

そのために今の会社でやれるだけのことはやってみる。
それで声がかかったならベスト。

もし声がかからなくても、自分で納得したらもう逃げ恥する。思い切って転職してしまいましょう。

今日は以上です。
また明日!


プロフィール - 営業マンを逃げても恥とは思わない