読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

営業マンを逃げても恥とは思わない

今の環境から抜け出して心に余裕を持とう!アラサーサラリーマンが発信する営業マンのための“逃げ恥”転職ブログ

営業マンからどのタイミングで転職すべきか?

こんにちは。アラサーサラリーマン、トレスです。

■どのタイミングで今の会社から転職すべきか?
いつがベストか?

「あ~もうこんな会社の営業マンなんて辞めてやる!!」って思ったり、口に出したりすることってたまにありますよね?

まさか毎日ですか(笑)?

「いつ辞めようかな~」なんてぼんやり考えても結局また今の仕事を続けてしまってませんか?

ほとんどの人はそんな状況で今の会社から動きません。正確には動けません。

僕も以前はそんな状況が続いていました。

「でも今辞めても行くとこもないし、収入が下がるかもしれないし、今より環境が悪いかもしれないし、また今度でいいか。」

なんて先送りにしてしまいがちでした。


そこで今日の内容になりますが、どのタイミングで転職すべきか?なんですが、

まぁ正解はないんです。
これはもう人それぞれなんですよね。
その人の環境、状況、状態で変わります。

今すぐの人もいれば、1ヶ月後、半年後、1年後の人もいます。

もちろん他社から話が来てれば早いですよ。
ウチに来ないか?なんて言われたらすぐ動けます。条件を吟味して転職するか、今の会社に留まるかを決めるだけですから。

この場合、引き抜き、ヘッドハンティングの話が来ていない前提での話です。

僕は嫌だからすぐ転職するというのはお勧めしません。逃げるのを勧めていますが、逃げるといってもタイミングはあります。

営業マンやっててヘッドハンティングの話が来ていないのならば、他社や他人から見てもそこまでの人材じゃないのかもしれません。

それはそれで構わないんですが、例えば、今すぐ転職して、またすぐ次の会社を辞めてしまったりしたら、自分の中でも自己イメージが下がってしまうじゃないですか。

だから、今すぐ転職というよりもある区切りまでは頑張ってみる。
もしかしたら営業でノルマを達成したら、営業が好きになるかもしれません。だから何が起こるかわかりません。

とにかく1度は踏ん張ってみる。



「もう我慢するだけしたんだよ!」

というのならすぐにでも逃げてください。それは止めません。心が壊れるまでは頑張らないでください。ストレスは溜めすぎてはいけません。


だから出来る人はギリギリまでは自分の力を試してみる。自分が納得行くまでやってみる。
「ここまでやったんだからもういいな」と自分がスッキリして次に進めるんです。


そして踏ん張ってみてほしい理由がもう一つあります。

それは結局、転職する時って、独立ともそうかもしれませんが、来るときが来れば自ずと動き出します。もう勝手に動き出します。

僕の場合もそうでした。

踏ん張ってて、声がかかって、条件が良かったのですぐ転職しました。

だからある区切り、これは自分でここまでは頑張るという時までは、今の会社で備える。

いつ引き抜きの話やどんなことがあるかわからないので、いつでも動けるように準備をしておく。

これが非常に重要です。



“転職”の二文字を別の頭で考えておくだけでもいいんです。
とにかく意識をしておいて、次の会社に100%の状態で仕事に入るために、今の会社で最大限成果を出せるように再度頑張ってみる。
いずれ逃げるために。今少し頑張る。


そうすれば、近い将来、転職してもうまく行く確率が高くなります。
僕も場合もそうでした。



そして自分に向いている仕事、得意な仕事も意識しておくといいです。

おそらくは
「自分は本当に現在の会社の営業マンのままでいいのだろうか?」と考えたりしていると思うので、
今一度、自分には何が向いているのだろうか?

そんなことをぼんやりでもいいので日頃から頭の片隅に入れておきましょう。

なぜなら現在の会社はあなたには向いていないからあなたの力を発揮できないだけかもしれないんです。

だから環境を変えていきましょう。

僕は営業マンが一人でも多く、今よりハッピーになれるように、“逃げ恥”しましょう。と言い続けていきます。

僕の場合、営業マン→配達員と職種を変えて、自分に向いている仕事を選びました。そして年収もアップしました。



■まとめ
転職のタイミング。
それがいつになっても動けるよう自分見つめ直し、常に準備をしておく。それが大切です。

今日は以上です。
また明日!