読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まずは環境を変えるんだ!

30代前半妻子持ちサラリーマンの転職方法

保育士問題から働き方を考えてみる

アラサーサラリーマン、とれすけです。
2人の娘のパパでもあります。

今日はその親の視点から。


保育士給料安すぎ問題

昨今保育士問題が騒がれていますが、元々は待機児童問題が発端だったわけです。

待機児童問題→保育園少ない→そもそも保育士少ない→給料が安すぎるから。
こんな流れです。

手取りで15万以下とか普通みたいですね。それで朝も早い、サービス残業あり、小さな命を預かる、親とのやりとり、イベント企画等、聞くだけで大変そうです。

ではなぜ給料が安すぎるのか?

詳しいことはわかりませんが、増やせるならとっくに増やしてるはずですよね。今のままの体系では無理なわけです。今の親の保育料と国からの補助だけじゃ解決しないわけです。


ぼくの娘が通う保育士さんは子供好きではつらつと働いてるように見えます。だから保育士問題なんて
ものともしないで早く給料上げてほしいんですけどね。そうもいかないんでしょうけど。


ぼくは思います。そもそも環境が悪い。だから子供が好きで保育士になるのはいいのですが、ある程度働いたら、転職の道も考えてみる。

どの職業にも言えるのですが、確かにやりがいも重要ですが、まず環境を変えてみる。

サービス残業長時間労働、休日出勤、給料は上がらない。そんな職場にいても疲弊してしまうだけです。

ぼくは自分の経験から労働問題を訴えていきます。

営業マンやってたので営業マンのことが一番理解できます。でも他の職種でもつらい、向いていない、辞めたいとモチベーションが落ちてきたら転職を考えましょう。逃げてもいいんです。
その場所がその環境が全てではありません。


勝てる場所で戦う。勝つべくして勝つ。


転職の際には重要な考え方です。


今日は保育士問題から労働問題を考えてみました。

また明日!