読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まずは環境を変えるんだ!

30代前半妻子持ちサラリーマンの転職方法

バルトラ頑張れ/ドルトムント爆破事件はユベントス戦の衝撃など屁でも無い

まさに悪夢だ。許しがたい行為だ。


f:id:eigyo-nigehaji:20170412115155j:plain

サッカーチャンピオンズリーグ16-17準々決勝1stレグ「ドルトムント(ドイツ)×モナコ(フランス)」で現地4月11日開催予定だった試合が、ドルトムント選手を乗せるバスへの爆破で延期となった。

その爆破でスペイン人CBマルク・バルトラ(26)がガラス片で手首を骨折し手術をしている模様だ。

バルトラと言えばバルサDFの将来を嘱望された選手で現在ドルトムントへのレンタル移籍中。ドルトムントで評価がうなぎ上りだっただけに非常に残念だ。

もう一つの試合「ユベントス(イタリア)×バルセロナ(スペイン)」の3-0の衝撃など屁でも無い。本当にショッキングな事件だ。ユーベは強かったけども。

なお他の選手や日本の香川選手は無事だそうだ。試合が行われる予定だったドルトムントのホーム「シグナル・イドゥナ・パルク」のサポーターも無事に会場をあとにしたようだ。

テロかどうかはまだわかってはいない。

2015年のパリ同時多発テロの時はフランス代表の試合中に発生した。

ユーロ2016は大丈夫だった。

しかしぼくはサッカーやスポーツの試合は狙われる危険があると思う。なぜなら人が多く集まるから。話題性も十分だ。

2018年ワールドカップも怖い。

そして2020東京五輪も未知だ。
東京もあり得る。


今後もサッカー、特に欧州は狙われる危険が高い。

今回より大惨事になる可能性もある。
当たり前だがなってはほしくないが。


いまはバルトラ選手が無事復帰することを祈る。身体は回復しても精神的なものもある。

尚延期の試合は翌日開催される。タイトで他の代替日がないみたいだ。選手のメンタル面が危惧されるが、バルトラのためにもドルトムント頑張れ!

悲しい人を増やす憎きテロを許してはならない。